Interview

映画連載 映画「ママレード・ボーイ」連動 SPインタビュー 第3回 「完成披露試写会レポ!恋愛診断で桜井日奈子にドS疑惑?」

映画「ママレード・ボーイ」の公開まで残り3週間と迫って来た。4/27(金)の公開に向けて、桜井の独占インタビューと作品の貴重なカットを連載にして届けるこのコーナー。今回は趣を変えて、抽選で選ばれたFC会員の方たちも参加した映画「ママレード・ボーイ」の完成披露試写会をレポート!


レポートに入る前に、定番の映画のおさらいから。

累計1000万部突破、漫画家・吉住渉氏の同名人気コミックを連載から約20年の時を経て実写化。メガホンを取るのは「ストロボ・エッジ」(2015年)や「オオカミ少女と黒王子」(2016年)など、近年は恋愛マンガの実写化にも定評があり、某情報番組では「胸キュン映画3巨匠」の一人にも挙げられた廣木隆一監督。そして、W主演となる桜井と吉沢亮のフレッシュな組み合わせなど、公開前から話題に事欠かない作品だ。


ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

3月21日(祝)、映画「ママレード・ボーイ」の完成披露試写会が行われた東京・品川は季節外れの雪がちらついていた。

会場となる品川インタシティーには光希と遊、両親Sが暮らすシェアハウスをイメージしたセットが組まれ、極寒の外とは一転して試写会当選者たちの熱気と期待感で包まれている。


試写会場のフロアには、コミックスの表紙を模した一緒に撮影できるフォトパネルが設置されていた
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

シェアハウスの玄関をイメージした扉をくぐり、シアターに入場すると、そこは“ママレード色”のカーペットが敷いてある。この粋な演出は否が応でもテンションが上がる。


登壇者が歩くレッドカーペットがこの日はママレード色に!
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


GReeeeNが歌う主題歌「恋」が鳴り止むと、いよいよ完成披露試写会がスタート!

司会のNTV青木源太アナウンサーが登場し、会場後方の扉に注目を促すと、そこには光希を演じた桜井日奈子をはじめとするキャスト陣の姿。二人一組になって“ママレード色”のレッドカーペットを歩きステージに登壇した。


壇上に桜井日奈子、吉沢亮、中山美穂、谷原章介、檀れい、筒井道隆、佐藤大樹、優希美育、廣木隆一監督がそろうと会場からは大きな歓声が上がる
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

まずは青木アナが原作者の吉住渉さんの手紙を紹介。「原作者なのに恥ずかしいので頑張って涙をこらえました」という実際に完成した映画を鑑賞した吉住さんの言葉に、これから試写を見る来場者の期待値がさらに上がる。

主演の桜井日奈子に対しては、「日奈子ちゃん。とにかくとてもとても可愛かった。三つ編みも、ショートパンツも、全身姿も、ふっくら唇も、全編可愛さがあふれていました」とのコメント。吉住さんの温かい言葉に桜井も笑顔で応える。

続いて、出演者たちが映画を観た感想などをそれぞれ挨拶。トップバッターはもちろん、ヒロインで主人公の小石川光希を演じた桜井日奈子だ。

「小石川光希を演じました桜井日奈子です。今この場に立てていることの幸せをかみしめています。ここに立てるまでに本当にたくさんの皆さんの協力がありました。キャスト、スタッフの皆さん、私を小石川光希に選んでくださった廣木監督、プロデューサーの皆さん、そしてプロモーションに協力してくださるメディアの皆さん、そして作品を応援してくださるファンの皆さん。本当にこの作品に携わるすべての皆さんに感謝いたします。本当にありがとうございます」と語った。

続いて、桜井とともにW主演を務める吉沢亮が続き、出演者全員が挨拶を。映画初主演の桜井だけでなく、若い出演陣たちの挨拶を両親Sの4人が温かく見守る姿が印象的だ。

中山美穂が「主演二人は、普段のやり取りも映画を観ているようでした。参加させてもらって嬉しかったです」と話したほか、谷原章介は「吉沢君と桜井さんが二人でソファーの端っこに座っていると、“なんだあのふたり、けしからんことをして”みたいな変に親のような気持ちになりました」と親目線の愛あふれるコメントで会場を沸かせた。

続いて、登壇者全員による「あなたはママレードボーイ?恋愛タイプ診断」へ。


登壇者全員が○×の札で5つの質問に回答。○の数で恋愛のタイプが分かるという
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

この診断は5問の質問で、そのヒトの恋愛タイプが分かってしまうというもの。「告白は自分からする。○か×か」のような5つの質問すべてに桜井らが○×札で答えていく。

診断の結果、○の数が一つだけだった桜井と廣木監督が“ドSのタバスコタイプ”と判明!

吉沢が「間違いない」とボソッとつぶやくと、桜井は「えーーー!そんなことない!」と必死に否定。同じタイプと診断された廣木監督も「ドSですね」と認め、まさかの“桜井ドS説”に会場からは大きな笑いが起きた。

イベント最後には、桜井と吉沢から来場者にメッセージが送られ、終始笑顔が絶えない完成披露試写会はフォトセッションにて終了。その後、来場者たちは4/27(金)公開の映画「ママレード・ボーイ」を一カ月以上早く楽しみ、映画「ママレード・ボーイ」完成披露試写会は大きな盛り上がりの中で幕を閉じた。


●映画「ママレード・ボーイ」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/marmaladeboy/